Happy*FX Life♪ FX初心者のための ぐりさんのトレードノート。
gurigurifx.exblog.jp
Naokoの無料レポート

これからFXを始める方、複数の口座開設を検討されている方のために、「口座開設しながらノーリスクで3万円を稼ぐ方法」についての無料レポートを執筆しました。詳しくはこちら。
ランキング
にほんブログ村 為替ブログ FX 女性投資家へ

(↑)ランキングに参加しています♪ ワンクリックで10ポイントが加算され、順位があがります! よかったら応援してください♪
Naokoについて
1974年12月25日生まれ。北海道札幌市出身、在住。FXトレード歴2年。スキャル、デイトレ、スイングetc、あらゆるトレード手法を検証中。
詳しいプロフィールはこちら
カテゴリ
全体
トレードノート
ツール
為替
others
はじめに。
読みたい本。読んだ本。
トレード分析
トレードノート(バーチャル)
買うぞ!!!
税金対策
来週の作戦。
ラブラドールのための一戸建て
週の反省08年4月
月の反省08年4月
月の反省08年6月
マーケティング
口座開設実況中継*
無料レポート♪
口座情報
未分類
リンク集
お気に入りブログ
以前の記事
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:読みたい本。読んだ本。( 24 )
楽しく上手にお金とつきあう
小林正観さんの本は、最初に読んだ本からして
目からウロコごそごそゴッソリ!! という内容でした。

そして今回、新しい本が出ていたので早速購入。


楽しく上手にお金とつきあう
小林 正観 / / 大和書房
ISBN : 4479792023
スコア選択: ※※※※※



お金とのつきあい方をまじめに考え出したのが
去年の秋頃で、本田健さんの本を読んだのがきっかけです。

そこからこつこつ始めて、ようやくはじめての投資ということで
FXをはじめるに至ったわけですが
FXで利益をあげたいと思うと、当然経済の勉強とか
テクニカルなことに対する知識とか、必要になってくるわけです。

プラス、お金との付き合い方というか心構えみたいなものも
必要になってくると思うのです。


今回、この本を読んでみて
私はまだまだ「ありがとう」が不足しているかも! と思いました。


我が家の家族となってくれた犬のぐりさんと毎日過ごせることに対する感謝とか
いつもドライブのときに車を運転してくれて、
ぐりさんを可愛がってくれる恋人への感謝とか
毎日お家でご飯を食べられることについての感謝とか
とにかく回りには、感謝できる事柄が
ゴロゴロ転がっている
、ということです。

あと、この本によると
お金は人に喜ばれる使い方をされるのが好きみたい(笑)

人を喜ばせるようなお金の使い方、私も目下精進中ですが
確かにいくらお金があっても、喜びを分かち合う相手がいなければ
とてもツマラナイものになってしまいそうですよね。

私の場合は、日々健康で楽しく生きているし
何かが手に入ったら、一緒に楽しみを分かち合える恋人や犬がいます。
まずそのことに感謝。

みんなで楽しく生きていきたいから
お金のこともきちんと考えて、必要な分だけを呼び込める流れを作りたいのです。

にほんブログ村 為替ブログ FX初心者へ
↑いつもありがとう、現在5位!!ワンクリックお願いします!
[PR]
by guri_guri_fx | 2007-05-23 14:40 | 読みたい本。読んだ本。
金持ち父さんの予言
金持ち父さんの予言
ロバート・キヨサキ / / 筑摩書房





今読んでいるのはこの本です。
「金持ち父さん」シリーズ、随分読みました。

この本はまだ半分ほど読み進めたところですが
やっばりためになるところがとても多いです。

昨日読んでいて、一番キーワードとして響いたのは
「金持ちになるためにたくさんのお金を投資する前に、
まず時間を投資する気があるか?
という言葉。

自分に置き換えると
FXで利益をあげるために、チャレンジを繰り返して
経験を積むことにある一定の時間をかけることができるか

ということになります。

さらに、どこかで読んだ言葉の中にこういうのがあります。
プロのトレーダーは損切りが早い

プロだって間違いはおかします。

ただ、素人とあきらかに違うのはその後の行動で
自分の思惑と逆方向にマーケットが動き出したら
自分の間違いを認めて、すぐに損切りを行うことができる、という点。

含み損が大きくなってしまい、
とりあえず利益がでるように為替が動くまで放置、というのも手ですが
その間、証拠金は流動性を失ってしまいます。

そうすると、次にまた利益をあげるチャンスがきたときに
行動が起こせない=機会損失、ということで
全体でみると、これこそがとても大きな損失ともいえるということです。

えー、そこで私の今週の間違いです(笑)

それは、証拠金自体が少ないのに
AUD/JPYで4万ロングポジションを立てていること。

来週は少し、ポジションを整理します。

基本的には、長期・短期どちらでも利益を取れるようにしたいのですが
長期のポジションは2万もあれば十分です。

あとは、外為どっとコムの1,000通貨単位取引を利用して
いろいろなパターン、通貨にチャレンジしていくことを
来週の目標にしようと思います。

時間を投資する、ということは
取引について、十分な経験を積むこと、とも言えますよね。


にほんブログ村 為替ブログ FX初心者へ
↑参加しています。ワンクリックしていただけると嬉しいです!
[PR]
by guri_guri_fx | 2007-05-19 09:11 | 読みたい本。読んだ本。
金持ち父さんの若くして豊かに引退する方法
今日はいちにちこの本を読んでいました。

金持ち父さんの若くして豊かに引退する方法
ロバート・キヨサキ / / 筑摩書房
スコア選択: ★★★★★



430Pほどあります。
ぶ厚いですが、何とかもう少しで読み終えるところです。

とても大切なことがたくさん書かれていました。

2003年の初版本なので
ここに書かれている状況については
今と比較すると随分変わった部分もあるけれど
根幹アドバイスは、これから先もずっと助けになるものです。


特に、洗練された投資家が
下記の8つのテクニックを使いこなしている、という点は
非常に参考になりました。

1.トレンド
2.移動平均
3.逆指値注文
4.コール・オプション
5.プット・オプション
6.ストラドル
7.空売り
8.そのほか


これは本の中で、株式投資について述べられた箇所なのですが
このうち、1・2については
だいたいFXで口座を開くとチャートについてくる基本の分析ツールです。

3はそのままFXでも逆指値注文が出せますよね。

7はFXで言うところの「売りポジション」から取引を開始することに相当します。

そして、驚くべきは、というか
これらについてはFX取引を経験したことのある人たちは
だいたい使いこなしているツールなんではないかな、ということです。

洗練された投資家であることの条件、というと
随分ハードルが高そうに響きますが
FXではその条件8つのうち、4つは基本機能としてついてきているわけです。


これは…投資家の水準自体が、全体で上がっているということではないかしら。

だとしたら、時代は確実に進歩していて
投資に関わる人たちのレベルも上がってきているということですよね。

これは、とても面白い。


4・5については下記の書籍紹介されている
eワラントでリスクヘッジを行う
というやり方に相当すると思います。

外貨で月20万円稼ぎ続けている私の連勝法
山根 亜希子 / / 明日香出版社
スコア選択: ★★★★★




はじめてこの本を読んだときは
「へ、eワラント? 何じゃそりゃ」
という感じでしたが、
『金持ち父さんの~』を今日読んでみて
なるほど、株式でいうところの
「コール・オプション」「プット・オプション」に相当するものなのね~、というところまで
理解が進みました。


このふたつを同時に行うのが「ストラドル」。


eワラントについては、これから勉強が必要ですが
今後取引金額が大きくなるにつれ、リスクヘッジはさらに重要になります。

eワラントに注目です。


あ、ひとつ下の記事でも書きましたが
売りの技術も磨かないとね!


にほんブログ村 為替ブログ FX初心者へ
↑参加しています。ワンクリックしていただけると嬉しいです!
[PR]
by guri_guri_fx | 2007-05-15 20:00 | 読みたい本。読んだ本。
ザ・ボディショップの、みんなが幸せになるビジネス。
FXは少ない資金でも
資産を増やす可能性を広げることのできる素敵なツールです。

それと同時に、自分でビジネスをはじめる必要性も
少しずつ感じ始めている今日この頃。

そして、今とても面白そうだなあ、と注目しているのが
"THE BODY SHOP"の創業者 アニータ・ロディックさんです。


ザ・ボディショップの、みんなが幸せになるビジネス。
アニータ・ロディック / / トランスワールドジャパン
ISBN : 4925112546




Amazonで検索したら、
こんな本がヒットしました。

更に地元の図書館に、この本は在庫されていることが判明(笑)

今読みかけの本、早く読んで返却したら
次はコレを借りたいですね!

にほんブログ村 為替ブログ FX初心者へ
↑参加しています。ワンクリックしていただけると嬉しいです!
[PR]
by guri_guri_fx | 2007-05-15 08:21 | 読みたい本。読んだ本。